ショッピング枠現金化は違法行為であり絶対にしてはいけません

ショッピング枠現金化がいけない理由は多数存在します。

カード会社が禁止している

まずショッピング枠を提供しているカード会社が禁止している行為です。
完全な違法行為です
。(リンク先は消費者庁が案内しているページです)
よってクレジットカードの使用が停止されます。
そればかりか他の金融機関や消費者金融などのサービスも
将来的に利用出来なくなります。
つまり、ショッピング枠現金化イコール将来的にカード作成や
ローンが組めなくなるのです。

クレジットカードのショッピング枠は、現金なしで簡単に
お買い物が出来るサービスです。
サービス利用者を増やす為に、ポイントの付与や福利厚生の提供、
割引など行なっています。
違法行為はカード会社の運営を圧迫する事となり、
様々なサービス・特典にも影響を与える事となります。
つまり、他のクレジットカード利用者が受けられるサービスを、
制限してしまう事にも繋がるのです。よって絶対にしてはいけません。

違法行為による借金は債務整理の際に大きな制限を受ける

ショッピング枠現金化が違法行為である意味は大きいです。
違法行為による借金は、債務整理を行う時に大きな制限を受ける事となります。

債務整理では自己破産が有名ですが、違法行為による借金は自己破産出来ません。
自己破産には免責不許可事由といったルールが存在する為です。

免責不許可事由とは、過度な浪費、株やFXなどの金融商品による借金、
違法または違法性の高い借金は自己破産を申し立てても
借金帳消しの免責が認められないといったルールです。

ですからショッピング枠現金化の借金は原則、自己破産では帳消しに出来ません。
自己破産で帳消しに出来ない借金は、自分の力で返済です。
どんなに強引な取り立て、督促に遭っても救済される事はなく、自分で完済です。
ショッピング枠現金化は絶対にしてはいけません。
債務整理を行う際にも不利な状況に追い込まれると覚えておきましょう。
国が設けた債務整理という救済措置ですら利用出来ない方法で
お金を手に入れるのは間違いです。あまりにもリスクが高すぎます。

ショッピング枠現金化にだけは手を染めないでください。
今現在お金が必要だとしても絶対にしてはいけません。

Main Menu

クレジットのキャッシング枠