カードを持つ時にあえて限度額を少なくするメリットとは

消費者金融のキャッシングカードやクレジットカードの限度額は、
大きいほど使い勝手がいいものです。

というのは、たとえば限度額が10万円であれば、
10万円以上のキャッシング、あるいは買い物は出来ません。
限度額が100万円であれば、価格が高いものでもかなり
自由に購入することが出来ます。ローンカードを持つメリットでは
作っておくこと自体にメリットがあると案内しました。
ではカードを作る時の注意点はあるのでしょうか。限度額をできるだけ
高くする?どうでしょう。

しかし、カードの申し込み時にあえて限度額を少なくするように
依頼するという人も少なくありません。
あえて限度額を少なくするメリットもいろいろとあります。

限度額を少なくするメリット

スキミングの被害を最小限に抑えれる

まず、スキミングをされたり、あるいはカードを落としたりして悪用された場合、
被害額を減らせるというメリットがあります。
カードを悪用された場合、基本的にはカード会社が保証してくれますが、
悪用されたことにずっと気づかずにいた場合、被害が実際にあってから、
被害を受けたという申し入れまでの期間が長すぎるということで
保証されない場合があります。

被害を受けてから長期間気づかないケースにはどのようなものがあるかというと、
たとえば、銀行にかなりの預金があり、カード会社からの明細を
まったく見ていないという場合です。

使いすぎを制限できる

また、限度額が大きいと使いすぎてしまうという人も、
あえて限度額を少なくするメリットがあります。
カードは使い続けていると、カード会社の判断で限度額が
上がっていくことがあるので、限度額をずっと低く抑えたいという場合は、
あえて限度額を少なくするだけではなく、
今後、限度額を上げないでほしいとカード会社に申し入れた方がいいでしょう。

上記のように、あえて限度額を少なくするメリットもいろいろあるので、
カードを申し込む場合は、自分の使い方だと限度額が多い方がいいのか、
それとも、あえて限度額を少なくする方がいいのかを考えるようにしましょう。
一般的に、二枚目以降のカードであれば、限度額を抑えた方が安心と言えます。
つまり、メインで使うカードは限度額をコントロールせずに、
サブで使うカードのみコントロールするわけです。

Main Menu

クレジットのキャッシング枠